こんにちは

セラピールームLuciah-ルチア-のYumikoです。

 

みなさんは年賀状書いてますか?

私はい毎年50枚ほど書いてるんですが・・・

何十年も前から、デザインを決めてプリントするのは30日。

(昔は30日に木版画を作って刷ってました!)

宛名を書いて投函するのが31日ととっても遅い(^-^;

今年もこれから年賀はがき買いに行きます^^

 

********************

 

さて、昨日の続きのお話です。

Yさんが二回目のセッションから一週間ほど過ごされた後の

三回目のセッションのお話です。

 

+++++++++++++++++++++

ルチアにいらしたYさんに、この一週間の様子を伺ったところ、

「ん~・・元夫や子供との関係に何も変化はありませんでした。」

とのこと。

でも表情は一週間前とちょっと変わり、

話をするのに苦しそうな感じは見受けられませんでした。

 

私は、「日常で何か変わったと感じる感覚はありませんか?」と尋ねると、

「食べ物がとてもおいしいんです!久しぶりに生きている喜びを感じました。」

と、パッと明るい表情でYさんは話されました。

この一週間とにかく食欲が出て、がつがつ食べていたとのこと。

 

前回のセッションで、大きな「答え」らしきものは手にしませんでしたが、

このような日常生活の変化というのは起こりうるものです。虹

 

どうしても人は、最初に描いていた

「〇〇になったら私は幸せ」というイメージ通りでないと、

「自分が変わった!」と認めにくかったりするのですが、

自然な変化というのは、本当に気付かないような部分から

まるで水に垂らした一滴の色が広がるように

すーーっと変わっていくものなのです。

この日の三回目のセッションは、またテーマを変えて退行催眠をしていきました。

今回もYさんは過去世(前世)に入っていきました。

 

-----------------

女性ながらに政治家を目指し、しかし世の中の批判を浴びて投獄されるという人生。

「女というだけで、無知な動物のようにさげすまないで」
「女性にも自己主張をする権利がある」

と、過去世の中の彼女は強く主張をしていました。

しかし、女性が物を言うには時代が早すぎて彼女は疲れ果て、

主張をするのをやめたのです。

その女性が死を迎える時、

「自分の思いを主張し続けなければならない」
「女性の人権が与えられている時代に生きたい」

と、強い思いを持っていました。

 

この思いもヒーリングするように、

そして感謝の気持ちと共に手放すように伝え、

三回目のセッションを終えました。

 

・・・つづく・・・

************************

 

心と身体に寄り添うセラピスト阿久澤ゆみこ
セラピールームLuciah-ルチア-

お問い合わせフォームはこちらからどうぞ

営業 / 火曜・水曜・金曜 10時~16時
土曜 10時~19時