こんにちは

セラピールームLuciah-ルチア-のYumikoです。

寒い日が続いていますね。

12月ってこんなに寒かったかしら??

 

では今回は、先日紹介した(離婚をし、お子さんの親権を元夫にとられた)Yさんの、

二回目の退行催眠のセッションの話からスタートです。

 

**************************

催眠の誘導を始め、Yさんにはリラックスしてもらい、

まだ離婚前の家族そろって生活していた、ある場面の中に入ってもらいました。

その場面は、家事をしているある日の場面でした。

 

Yさんは、苦しさや今にも泣きだしたい気持ちを伝えてきました。

「子供の声がうるさい」
「振り回される」
「私も泣きたい」
「時間を奪われるのがいや」
「でもどうしようもできない」
「でも子供がかわいい」

子育てで苦しい思いをされているようでした。

苦しさを詳しく表現してもらうと、

「喉をしめつけられるようなひどい苦しさ」

でした。

今回表に出てきた彼女の一番の苦しさは、

ご自身で思っていた「離婚」「子供と離された事」ではなく、

子どもに自分の自由が奪われる苦しさだったのです。

 

「喉をしめつけられるようなひどい苦しさ」

をキーワードに、Yさんに過去生(前世)に入ってもらいました。

------------------

10歳の少女
石の家、ベッド

Yさんは、のどの絞られるような苦しさと痛み、身体の熱さを感じる・・

と伝えてきました。

高熱を出しているようです。

 

少し時間を進めてもらうと、今度は12歳の場面になりました。

彼女はしゃべれないようでした。

10歳の時の高熱のせいで声が出なくなったのです。

 

口のきけない彼女は家族に捨てられ、

一人で生きるために毎日大人に交じって働いていました。

住まいは何もない壁だけ。

感じているのは孤独感や寂しさ、無力感、やるせなさでした。

 

時間を進め、次の場面に移動してもらうと、

彼女は20歳前後。

場面は、今まさに崖から身を投げて命を絶つところでした。

 

「自分が死んでも世の中変わらない。だれも悲しまない。」
「自分の人生を思うように生きたかった。」

悲観した思いのまま短い人生を終わりました。

 

Yさんには、今経験した人生での学びをもう一度感じてもらった後、

強い思いやエネルギーを手放してもらい、

今世の体にしっかりと戻ってきてもらいました。

 

Yさんに感想をうかがうと、

「エネルギーを手放したつもりだけど、すっきりとした感じではない。」

とのこと。

「ただ、子供から離れたのは、自分の願望だったのかもしれないと気付いた。」

と話されました。

 

私からは、

次回のセッションまでご自身の気持ちの変化を感じながら

過ごしていただくよう伝え、

二回目のセッションを終了しました。

*****************************

 

さあ、Yさんはこれからの一週間、

どんな変化があるのでしょう(^.^)

 

次回のブログには、Yさんの三回目のセッションの紹介をしますね。

 

 

皆さま、風邪をひかぬよう暖かくお過ごしください。

 

・・・つづく・・・

++++++++++++++++

 

心と身体に寄り添うセラピスト阿久澤ゆみこ
セラピールームLuciah-ルチア-

お問い合わせフォームはこちらからどうぞ

営業 / 火曜・水曜・金曜 10時~16時
土曜 10時~19時