こんにちは

セラピールームLuciah-ルチア-のYumikoです。

今回でYさんのお話はおしまいです。

さてさて、Yさん、どう変化するでしょう(*^_^*)

お茶タイムと共にご覧ください。

 

************************

彼女は3回目のセッション後から、

離婚したことや今後の事を、

自分の素直な気持ちのまま人に話すことが出来るようになった

・・・という変化を話してくれました。

 

ただ、

「前に進もうとすると、

『サイドブレーキを引きながらアクセルを踏んでいる』ような感じがする。」

とのこと。

 

Yさんはその「サイドブレーキ」を降ろしたい(解除したい)

と希望を伝えてきました。

そこで4回目のセッションは、彼女が感じている

「サイドブレーキ」を手放すために、そしてさらに

未来に向かって進めるように退行催眠をすることにしました。

 

彼女はこの日も過去世(前世)の人生の中へ入っていきました。

++++++++++++++++

Yさんはステージの上に立っている自分を感じました。

女性の体。
ブロンドの髪で、20代。
みんなに認められている。モデルの仕事をしている。

 

たくさんのお客さんの前でとても自信に満ちて、

仕事に満足感を感じていました。

時間を進めてもらうと、

モデルの彼女は50代になっていました。

自分の事務所を持ち、

デザイナーとして活躍をしていました。

自分の感性で仕事が出来る喜びを感じる。
女性が一人で歩くことが許される素晴らしさ。
仕事で認められる充実感。

自分の中に強いエネルギーを感じています。

 

時間を進め、モデルの彼女の死の場面へ入っていきました。

ベットに横たわっている。かなり年老いている。
家族に見守られている・・・

「自分のペースで生きてこられたことに感謝を感じ、家族にも感謝を感じている」
「すばらしい人生だった」

彼女は死を迎えることがつらくなく、生に執着はないようでした。

そのままモデルだった女性の人生から抜けて、

今世のYさんとして生まれる前まで進めてもらいました。

そして、ハイアーセルフにメッセージをもらうようYさんに伝えます。

「エゴではないわがままを通しなさい」
「自分の感性を大切に生きなさい」
「パリへ行きなさい」

今世のYさんに向けたメッセージでした。

私はYさんに自分のペースで身体に戻るよう誘導し、

しっかりグラウディングしてもらって四回目の退行催眠を終えました。

++++++++++++++++

 

Yさんの表情も身体の動きも、最初にご相談にいらっしゃった時とは

別人のように変わられていました。

 

Yさんが伝えてきた、

「サイドブレーキ」の感覚を尋ねると、

「サイドブレーキの感覚が今はよくわかりません。
その代り、自分体の中に『私にも出来る!』『やりたいように進める!」
というような確信と強いエネルギーを感じます。」

と、感想をおっしゃいました。

 

********************

数週間後Yさんから、

「今はパリを含むヨーロッパ旅行に行くことを目標にして、

仕事をがんばっています。

この先の人生について“見えた!”わけではないけれど、

旅行に行ったらまた次の目標ややりたいことがどんどん出てきそうで、

今はとてもわくわくした気持ちが続いています。」

とのメールを頂きました。

私もワクワクを分けてもらった気分です(*^^*)

 

退行催眠のセッションは、受けたら一瞬にして

ドラマのような人生に変わるわけではありません。

しかし、手放す準備さえあれば、

必ず何かしらの変化は起こり得るのです。

 

 

ルチアでは、わくわくする未来、きらきら光る未来を

手にするためのお手伝いをいたします(^^)

 

お読みくださってありがとうございます。

今日も良い一日を。。

 

********************

 

心と身体に寄り添うセラピスト阿久澤ゆみこ
セラピールームLuciah-ルチア-

お問い合わせフォームはこちらからどうぞ

営業 / 火曜・水曜・金曜 10時~16時
土曜 10時~19時